不思議な一日

参院選の投票を朝のうちに済ませて出社。

投票の後はなんとなく立派なことをしたような気分になるのが不思議。
せっかくご先祖様が勝ち取った権利なんだから行使しましょう。
個人的には、飲み屋での会話で、政治家や政策に文句を言うための
免罪符だと思っています。

昨日は七ヶ浜まで配達がありました。
塩釜、多賀城までは何度か花を持っていったことはあるのですが、
七ヶ浜は店を始めてから初めての配達。
釣り、バーベキュー、花火とかいろいろ遊びに行った土地。
震災の後、海がすぐそばに見えるところへ行くのも初めてでした。

菖蒲田浜を過ぎて外人浜の前に出ると、道路から波打ち際が見えます。
サーフィンをする姿もチラホラ。
道路と砂浜を隔てる手すりがグニャリと曲がっていることを除けば
10年以上前に訪れたときと変わらない風景に見えました。
たったこれだけのスペースを綺麗にするだけで、どのぐらいの人の手が
かかったのかなどと考えてしばらく見入ってしまいました。

配達場所である会場に到着すると、スタッフが見当たらない。
ドアが開く音がしてほっとして声をかけると、なんと中学の同級生でした。
会場の事務所に案内してもらって受領印をもらった後に
短い時間でしたが立ち話。

昔と今が交錯して、なんかこう、不思議な一日でした。