なんとなく思い出す

日清食品のカップヌードルといえば、カップラーメンの中でも
定番、大正義なブランド。
開発エピソードなんかを読んでも面白いし、海外進出の話も
興味深いものです。

子供時代はあまりインスタントラーメンなどを食べる習慣も
なかったので、たまに食べるのはなかなか贅沢な気持ちになりました。
小遣いが一日30円〜50円くらいの計算だったのかな?
3人くらいで割り勘で自動販売機から買って食べた記憶もあります。

カップヌードルで思い出すのはまったく関係の無い話。

小学校の低学年の時に、岩手県の田瀬湖にワカサギ釣りに行きました。
調べてみると近年は温暖化の影響か湖上で釣りが出来るほど氷結しない
年もあるとのこと。
当時は毎年カチンコチンに固まっていたと思います。

ワカサギ釣り自体初めてでしたが、子供にも楽しめるもので、
かかった魚をはずすのに難儀するくらいで、楽しい時間でした。
連れた魚を氷上に放置しておくと、あっという間に凍ってしまう環境。
手の甲のあかぎれというのを初めて経験したのもこの時でした。

ちょっと周辺を歩いた時に、雪に隠れていた穴に片足を踏み入れました。
岩手の方言では「かっぽり」というヤツ。
もちろん足はずぶ濡れで、信じられないほどの冷たさ。

子供ながらに寒さ→凍傷→足切断なんていう方程式が頭に浮かんでいる
ところに通りかかったのが、地元のおばさんでした。
そりにカップヌードルとお湯の入ったポットを積んで、釣り客に
販売していた方。
すぐにおばさんの自宅へ連れて行ってくれて、脱いだズボンと靴下を
石油ストーブの前へ吊るし、コタツに入って乾くのを待ちました。

全部乾いてお礼を言って戻ると、連れの大人たちが私の落ちた穴に
釣り糸を垂れている。
聞けば試しに入れてみると、けっこうな爆釣であったらしい。
結構大人っていいかげんだなぁ〜なんて思った記憶があります。

今でもノーマルのカップヌードルを食べるとこの時の景色が甦ります。
おばさんあのときは本当にありがとうございました。


どうすりゃいいのさサマタイブル

今年はオリンピッックイヤーということで、近づくにつれて
テレビなどでも盛り上がってきました。
メダルを期待される競技はやっぱり注目度が高いようです。

夏の仙台には、バブル期の前後に毎年、ロックンロールオリンピック
というイベントが行われており、毎年開催される大規模な野外フェス
としては草分け的存在でありました。
イベント後に放送されるNHKの番組とともに、夏の風物詩的な
位置づけだったように思います。

とにかく景気のいい時代だったことは確かで、R&Rオリンピックの
成功のせいか、他にも野外フェスが開催されました。
泉パークタウンでやったロックシティーカーニバルとか、秋保でも
ホテルの主催であったような。
ファンとして参加したり、アルバイトでもぐり込んだり。

シナロケのシーナさんが腰を振りながら登場してくる姿とか、
頭にアンプ付きのヘルメットを被って熱唱するうじきつよしとか、
毎年来ていると思って調べたら、そうでもないのが意外。
末期のRCサクセションの鬼気せまるステージが一番印象的でした。

当時はまだネットも普及しておらず、イベントを回顧にたブログとかも
あまり見当たらないのがちょっと残念。
つべにはちょっと上がっていますが。

すっかりそんなイベントからは遠ざかってしまいましたが、
今でもARABAKI とかが盛り上がっているのはうれしいかぎり。
CD売上げの低迷などで暗いニュースが続く音楽界ですが、
関係者の方々がいろいろとがんばっているのでしょう。

日が昇っている時間は木陰でビールなんか飲みながら、
遠くで鳴っている音を聴いてうつらうつら、
日が暮れてお目当てのアーティストのステージが近づくと、
のそのそと少しでも前へと進みだす。
なかなか楽しい時間でありました。


さよなら二件

先週の週末に、ご法事などの予定が重なり、金曜日は
菊類中心の仕入になったのですが、金曜日の夕方から
お祝いの花の注文が重なり、慌てて花材の追加。

日曜日も当日配達のスタンド花のご注文。
ラストナイトとなったZEPP SENDAIさんへ。
仙台で一番アクセスの良いホールとしてありがたられており、
配達でしか行ったことがなかったけれど寂しいかぎり。

東口は駐車場に入る車で大渋滞。
ボーナスサンデーだったのかな?
今日回収に行った時はウソのように道路はスカスカ。

駅周辺にあるといろいろ懐にもやさしいのでは?
学生の頃、コンサートの設営・警備をしていたときは、
メイン会場が県民会館、市民会館だったので、バイト終了後は
当然のように毎回国分町へ。
バイト代で足が出るのが常でした。

思えばこれまたお別れになったれレバ刺と出会ったのもこの頃。

初めて食べた時は、あまりおいしいとは思わなかったけれど、
カッコつけておいしいおいしい言ってた様な気がします。
このへんはタバコの吸い始めに通じる感じ。

最近は新しい店や食べ物に対する好奇心もほとんどなくなって、
とりあえず好きな店、食べ物が無くなるのが一番つらい。
変化を望まないのは年齢のせいか。