思わずパチリ

母の日のある5月も終わり、本来ならば切花の動くスピードも
少しずつ落ちていく時期なのですが、うれしいことにオープン祝い
などのお花の注文が重なりました。

水曜日、金曜日と切花の仕入が当店としては多め。
店の中も賑やかになって、うれしくて写真撮影。

120602-1.jpg

やっぱりお祝いは赤。
レッドスターという品種の赤バラ。
いつもきれいに咲ききってくれる大好きなバラです。

120602-2.jpg

グリーンも多めに。(赤いけど)
こればっかりはケチるわけにもいけず。

120602-3.jpg

夏のお花を中心に並べてみました。
やっぱり芍薬の存在感が大きいです。
前回紹介した写真の赤のほかに、ピンクも仕入れてみました。

製作も花材が多いと選び放題。
忙しいのは大歓迎なのだけれども、反動が怖い怖い。
冬場よりも品質管理がさらに重要になる時期なので、
仕入にはけっこう神経質になります。











もももももいろ

早いもので二月もあと数日を残すのみとなりました。
ということはそろそろ桃の節句。

120227-1.jpg

桃の花ってカメラで撮るのが難しい。
いちおう去年撮った写真でごまかしておきます。
短い期間しか店頭に並ばない花ですが、なんともかわいらしい。

春といえば、ピンク?黄色?黄緑色?
イメージが浮かぶ色は人それぞれ。
日本語には桃色なんていう言葉もありますんで、今回は桃色の花。

120227-3.jpg

もうすでに今年もスイートピーの束に顔を突っ込む儀式も終了。
花の香りの中ではこれが一番好きかも。
いろいろな色が出荷されていますが、今日はピンクを仕入てみました。

120227-2.jpg

色あいの派手さではカーネーションの中でも指折りの存在ではと思うのが、
チェリーテッシノという品種。
アレンジなんかではとても明るくなるけれど、意外に色あわせが難しかったり。

3月は卒業式からお彼岸、年度末の移動と、なにかと花を使うシーズン。
おそらく2月よりももっと早いスピードで時間が経過するでしょう。
風邪ひかないようにがんばろう。


ザ・南国

昨日の雪にはみんなビックリ。
仙台は雪が少ないけれども、まとまって降ることはたまにあること
ですが、昨日はなんか様子が違いました。
なにせ日中もぜんぜん雲が切れない。

でも積雪量はなんかたいしたことは無かったようで、
あらためて豪雪地帯の一晩で60cmなんて聞くと、
ちょっと想像がつかないけれどもただただ気の毒な気になります。
今日は日中は日差しがあり、道路はあらかた解けたようで
ほっとしています。

そんな寒い時期でも、安定して入荷があるのがデンファレ。

120203-1.jpg

白や淡いピンクも多く出廻っていますが、ここは暖かい地域に
想いを馳せて濃い色あいのものを。
ザ・南国って雰囲気です。

料理の皿の飾りつけなんかでもポピュラーで、タイやベトナムなど
だけでなく、中華料理の皿にもよく見かけます。
日本料理や寿司屋さんなんかで見ることも。

120203.bmp

これは線香立てかな?
色あいがとてもきれいです。
長く使ってもよし、短く切って一輪一輪使っても。
これまた使い勝手のいい花。